原因を知ってシミ対策をきちんとする

いつの間にかできてしまうシミですが、原因を知ることで、効果的なシミ対策を行うことができます。シミには、いくつかの原因がありますが、生理や更年期障害による女性ホルモンの分泌異常やストレスや睡眠不足、加齢、ニキビやアレルギーによる炎症、紫外線があり、生活していく中で避けて通ることができないことがシミの大きな原因となっています。

シミにはいくつか種類があります。肝斑は褐色のシミが頬や額、目元などに現れるもので、一般的にシミと呼んでいるものになります。子供から大人までできるそばかすもシミの一種となります。

そばかすはメラノサイトが日焼けによって変質してできるものであり、紫外線を浴び続けることで数が増えたりします。そして、年齢を重ねた高齢者に見られるのが老人性色素班となり、老化による皮膚の変化が原因とみられています。このようにシミの種類を見るだけでも、紫外線とメラニン色素の関係が深くかかわっており、シミ対策には、紫外線ケアが一番とも言えます。

シミを防ぐための紫外線ケアとして、日傘や帽子、日焼け止めがあります。日焼け止めには、紫外線を薬剤に吸着させることで肌への侵入を防ぐ紫外線吸収剤と紫外線を肌表面で散乱させる紫外線散乱剤があります。シミ対策として、紫外線ケアとともに行いたいのが、スキンケアにシミ対策ができる成分を取り入れることです。

シミには、ビタミンCと聞きますが、ビタミンCはメラニンの生成を抑え、色素を還元させる働きがありますので、シミ対策にも有効と言えます。そして、新陳代謝を高め、メラニンの排出を促すのに有効とされるのが、プラセンタになりますので、ケア用品を選ぶときにはひとつの基準として肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。シミができる原因はたくさんありますが、肌の新陳代謝が正常であれば、メラニン色素は排出されますがそれが残ってシミになっているということは肌状態が正常でないことになります。何よりのシミ対策はこの肌状態を正常に戻してあげることにあります。

Copyright (C) 原因を知ってシミ対策をきちんとする All Rights Reserved.